ハッピーマジック

リバウンド知らずのダイエット法

お金もかけて頑張ってダイエットをしたのにあっという間にリバウンドしてしまい、お金も努力も水の泡・・
なんて話は多々ありますが、ダイエットにつきもののリバウンド。
ダイエット経験者の実に6割の方がリバウンドを経験しているそうです。
ハッピーマジックでダイエットすれば、そんな失敗は起きません
ハッピーマジックはリバウンド知らずのダイエット食品です。

 

リバウンドが起こる理由

 

リバウンドとは、ダイエットしたことによって減った体重が、元の体重に戻る、もしくはそれ以上増えることを指します。
この現象が起こるのは、ダイエットのやり方に問題があるからです。

 

ダイエットで食事量を減らすと、体が栄養不足の状態になり、これ以上エネルギーを消費させまいと、体重減少が停滞するどころか、摂取エネルギーを蓄えようと、脂肪の吸収が加速してしまいます。

 

だから、体が飢餓状態だと感じない程度のカロリー摂取と同時に必要な栄養素を体に送り込むことでダイエット終了後の脂肪を吸収しようとする体の働きを防ぎます。

 

また、摂取カロリーが減ると、筋肉量も減少してしまいます。
基礎代謝を上昇させるためには筋肉が必要ですが、筋肉量が減ることで、基礎代謝も低下してしまいます。
これが減少するということは、消費カロリーが低下するので、痩せにくい体になるということです。

 

ですから、ハッピーマジックを使ってダイエットをするとしても、3食ともハッピーマジックにして3日で痩せる方法はおすすめしません。
(もちろん、どうしても短期間で痩せたいという場合は、3日間ハッピーマジックだけで過ごしてみてください、最低限のカロリーしかとっていないし
酵素や野菜でできている入っているハッピーマジックは腸をリセットされたのか最終日の夜には下剤を飲んだかのように猛烈な排便状態になります。
結果的には3日で2.5キロ痩せましたが、冷え性のような状態と口内炎ができました。

 

そこから、再び、軽度のダイエットを始めれば良かったのでしょうが、痩せた!という達成感から普通の食生活に戻ったのが原因でしょうが
1か月後には元の木阿弥です。

 

ですから、ハッピーマジックを使ってリバウンドを防ぐダイエットをするならば、
筋肉量を減らさずにダイエットをすること、ダイエット後は今以上に筋肉量を増やすことです。
筋肉量を減らさないためには、タンパク質の摂取が重要です。
ですから、1日1食は肉・魚・大豆を食べるのがポイント
そんな食事内容にプラスしてハッピーマジックを飲むとローカリーなのに栄養はしっかり摂取できるのでリバウンドしにくいダイエットが可能です。

 

また、食べたいことを我慢するとストレスを感じるようになります。
栄養不足に陥っている脳にストレスという負荷までかかると、即エネルギーになるものを欲するようになります。
甘いお菓子は血糖値を急激に上昇させますので、このように食べないダイエットを行うと甘いものが無性に食べたくなるのはこのためです。
脳が欲している甘いものをついつい食べてしまい、リバウンドを招いてしまうのです。
しかし、フルーツ青汁はフルーツの糖分が含まれているので、甘い物が欲しくなってドカ食いするようなリバウンドは起きません。

 

よりハッピーマジックの効果を高めるために筋肉量を増やしましょう。
筋肉量が上がると、基礎代謝もアップします。
基礎代謝とは、生きていくために最低限必要なエネルギーのこと。
寝ているだけでも消費されますので、これを上げることで痩せやすく太りにくい体になるということです。

 

脂肪燃焼がスムーズに行われるためにも、バランスのよい食事をきちんと3食とりましょう。
そして、リバウンドにつながるストレスを上手に解消する方法を見つけましょう。
そんなに難しいことではありません、生活習慣を見直すことが、リバウンドをしないダイエットにつながるはずです。